ブログ運営やwordpressなどPCまわりに関する情報の紹介

先にドメインにSSLを設定する – FC2ブログからwordpressへ【4】

サーバーにドメイン(サブドメイン)を設定したので、次はwordpressのインストール&設定になります。
ただその前に大事な作業があります。
さきほどサーバーに設定したドメインのSSL設定です。

ドメイン(サブドメイン)を設定したらなによりも先にSSLの設定をする

この作業手順は大事です。
SSLの設定は後からでもできます。ただ後から設定を行うと修正作業が発生するので作業が増えます。
できれば最初に設定をすると、2度手間がなく楽です。
というのも、わたしは今回SSLの設定を後から行ったため似たような作業を2度する事になりました。

なぜSSLの設定が必要なのか?

なぜブログをSSL化(暗号化)する必要があるのか?
入力フォーム、買い物カゴ、メールフォームなど情報を入力し送信するページはSSLによる暗号化が必要ですが、ただ画像をみて文章を読むブログではSSL化により暗号化することは必然でありません。
SSLを設定しセキュアなサイトにしなくても、ブログを閲覧する上で違いはありません。

ただ現在のウェブルールに非常に影響力のあるgoogleがサイトのSSL化を推奨しており、SSL化しているサイトを検索では上位に表示する仕様を取り入れております。
また改ざんやセキュリティの問題からSSL化することで、より安心できるサイト運営ができるようになります。
これらは「常時SSL」と言われています。今は導入期ですが、今後サイトの常時SSLは当たり前の時代がくるでしょう。

エックスサーバーのSSLの設定

SSLの設定は無料です(有料プランもあります。)
Let’s Encryptという認証局の無料SSL証明書が使えるように用意されています。
「Let’s Encrypt」はすべてのWebサーバの接続を暗号化することを目指した世界的プロジェクトで、安心して無料で使えます。
手順は非常に簡単でボタンを押すだけです。

エックスサーバー > サーバーパネル > ドメイン > SSL設定をクリックします。

先にドメインにSSLを設定する – FC2ブログからwordpressへ【4】

そこから進みドメインを選んで、ボタンを押すと完了です。
今回はwordpressを設定する「ktmp.naneca.com」を選んで「独自SSL設定を追加する(確定)」を押します。
設定済」になれば完了です。

先にドメインにSSLを設定する – FC2ブログからwordpressへ【4】

ポイントSSLの設定を最初にやりましょう。
手順として最初に行うことで後の作業が楽になります。